寝れば死ねるんじゃないかという錯覚を起こして今日一日死ねましたありがとうございます寝てる時の感覚って何も意識がないし自分が今寝ているっていう感覚も何もないから死んだときはきっとこんな感覚なんだろうなと目を覚ました時にいつも思う寝る時ではなく寝ている時が幸せ1日で一番幸せな時間現実から逃げるようになると1度寝たらなかなか目が覚めなくなる人間の作りって不思議なのよって言われたことがある今日は死んだのかと勘違いされ、大丈夫?どうしたの?!という声で起床したあぁ、起こさないでくれ私をと思った起きてると頭使い過ぎて疲れてしまう起きてる時間が怖すぎて起きては飲み起きては飲み休みの日は永久に寝ているよ仕事は楽しいですよ仕事じゃない好きな事をやっている時楽しいですよ撮影やったり音楽やったりぶっ飛んでる人と話したり人の悩み聞くのもあぁ、手首は本当に触らないでほしい手首だけは触るなと言って無理矢理何度も触ってきた人がいたのだ当時付き合っていたけれど。それが原因で別れましたね別れた原因「手首をしつこく触ってきたから」死んでしまえと思いましたね今生きてるんでしょうかねいや、これは誤解が生まれそうなので細かく説明しよう。腕はいくらでも触ってください手首の脈拍部分は辞めてください添えるのはまだ平気だけど脈拍取れるくらいの強さで手首を触られると本当に刺したくなるのだからやめてねお尻触られるのと手首触られるのどっちがやだって聞かれたらそりゃ手首なんでねあおの手首は守られてるから神様住んでるから